使い勝手と光学系を一新

最新の分析用超遠心システムである Optima AUC は、15インチのタッチスクリーンにより、操作性が大幅に向上しました。さらに、光学系はロータチャンバーの外側に収納されており、光学系は汚れることなく、ツマミを回すだけで簡単にセッティングが完了できます。光学系の性能も一新し、迅速なスキャンと波長再現性の改善により、多波長分析が可能になりました。このため、最大同時20波長測定できる多波長分析により、複数の発色団を利用した分析が可能です。また、迅速なスキャンにより、より大きな複合体や重たいナノ粒子の測定ができます。

PDF「分析用超遠心システムの基礎」ダウンロード

フロア型超遠心機 Optima X

分析用超遠心システムとは

Optima AUC
Analytical Ultracentrifugation (AUC)

分析用超遠心システム(Analytical ultracentrifuge: AUC)とは、遠心力を利用し溶液中の粒子を沈降させ、その全体の挙動を独自の光学系にてスキャン測定する分析機器です。溶質粒子の沈降の仕方から、その分子量・サイズ・形状・多分散性を決定することができ、また担体を必要としない自然な状態での粒子間の相互作用も解析できます。

Optima AUCは最新の分析用超遠心システムであり、タンパク質やナノ粒子研究に必須の分析装置の一つです。流体力学と熱力学から導き出される実験結果の精度と正確さにおいて、匹敵する技術は他にはありません。

AUC アプリケーション

  • 分子量
  • 化学量論
  • タンパク質凝集体
  • リガンド結合
  • 結合効率
  • 多分散性

先進的な特徴である新しく画期的な多波長解析により、混合物中の複数の発色団を利用したスペクトル分解が可能になり、完全に新しい次元の実験デザインが初めて可能になりました。

Borries Demeler
(University Texas Health Science Center)

 

利 点

  • サンプル回収可能
  • 非破壊分析
  • マトリックスフリー
  • 最小限のバッファー制約
  • 低濃度での検出
  • 少ないサンプル容量(最少量 0.1 mL)
  • 標準サンプル不要
  • 簡便な操作性

医薬品開発での分析用超遠心システム(AUC)の使用用途

基礎研究ステージ

  • ウイルスベクター開発

治療用遺伝子を導入したウイルスベクターの性状解析が可能です。アデノウイルスベクター等研究開発者にとって、Optima AUCは強力なツールとなります。

  • タンパク質の性状解析

AUCはタンパク質を溶液の状態ままで、分子量測定や純度検定が可能なゴールドスタンダードです。さらに、溶液中でのタンパク質のコンホメーション変化、均質性、形態に関する情報を得ることができます。

  • 医薬品の特性評価

AUCは、抗体医薬品(ADCs)やナノ粒子と低分子医薬品の複合体の特性評価において、日常的に使用されています。

AUCから得られる結果は明確で信頼性があり、また再現性もあります。巨大分子の特性解析やタンパク質相互作用解析などの研究にはAUCが最適です。このため、私はAUCを選択します。

Jia Ma, PhD Director Bioanalytical Core, Purdue University

製剤開発ステージ

  • 製剤

AUCは溶液の状態で測定が可能ですので、製剤の溶媒条件検討、滴定、製剤化の研究に最適です。

我々のサンプルのコンホメーションの不均一性とその大きなサイズのため他の分析手法では不可能でしたが、AUC の沈降速度法の実験によりクロマチン凝集メカニズムについての多くの発展性のある研究結果が得られました。

Jeffrey C. Hansen, PhD, Colorado State University

  • 凝集物の確認

AUCにより、ペプチドやポリマーの分子の状態(立体構造や安定性)を分析することができます。
特に、溶液中でのペプチドなどの分子同士の非共有結合的な凝集物の分析にAUCは有効です。

  • ナノ粒子

AUCは、製剤を包括する前後のナノ粒子において粒子径測定や形状の変化を調査するのに有効です。

前臨床並びに治験ステージ

  • ロット間差評価(毒性試験)
  • 製剤化開発
  • 製剤評価(特性解析、安定性、ロットリリース試験)
  • 医薬品の加速安定性試験
  • 製造方法バリデーション(ストレス試験)

原体や製剤の品質管理

アプリケーション

  • 医薬品原体
  • 製剤
  • 医薬品原体と製剤の品質分析
  • 医薬品原体と製剤の安定性
  • 参照標準品の評価

超遠心分析法は、溶液中でのタンパク質やその他のマクロ分子の分析において最も強力で汎用性の高い分析手法の1つで、私のラボのワークフローにおいて非常に重要な位置づけにあります。私たちが扱っているタンパク質サンプルが単量体または、凝集体を含む高次構造を形成しているのかどうか超遠心分析法によりわかります。このため、私たちは、超遠心分析法は新しいタンパク質の動態の迅速な特性解析のためのベストな方法だと解りました。また、私たちは、溶液中のタンパク質の構造データ、タンパク質-リガンド結合の定量的な解析や、フォールディング過程の検証ができるので、超遠心分析法は構造生物学者たちの理想を補完する技術です。

Andrew Herr, PhD; Cincinnati Children’s Hospital Medical Center

製品情報

製品番号 製品名
B86438 分析用超遠心システム Optima AUC( 紫外可視光吸収)
B86437 分析用超遠心システム Optima AUC( 紫外可視光吸収、レイリー干渉)
361964 分析用ロータ An-60Ti、4穴ロータ
363782 分析用ロータ An-50Ti、8穴ロータ
392773 ダブルセクターフロースルーセルアセンブリ
(Epon charcoal-filled、サファイアウィンドウタイプ)
392772 ダブルセクターフロースルーセルアセンブリ
(Epon charcoal-filled、クオーツウィンドウタイプ)
360219 カウンターバランス(おもりセット付)
361318 トルクスタンドアセンブリ

主な仕様

項目 Optima AUC ProteomeLab(旧製品)
データ取得速度 ABS: <7 sec/cell
INT : <5 sec/scan
ABS: 90 sec/cell
INT : 5 sec/scan
最大解析数(ABS) 20波長 1波長
波長再現性(ABS) ± 0.5 nm ± 3 nm
レイリー干渉縞数 ≧10縞/cell ≧4縞/cell
測定濃度範囲
ABS: Luteinizing Hormone
INT: BSA
ABS: 0.005 – 2 mg/mL
INT : 0.025 – 5 mg/mL
ABS: 0.005 – 1.5 mg/mL
INT : 0.025 – 4 mg/mL

皆様の課題解決のためのご相談をお待ちしております。