フローサイトメトリーによるヒト異常CD5+成熟B細胞検出のためのCD20, CD45, CD81, ROR-1, CD79b, CD19, CD5, CD43の8カラー測定キット

8種類の抗体が分注混合された乾燥形態で提供され、ヒト全血サンプル中の異常CD5陽性B細胞と形質細胞を解析することができるキットです。

成熟ヒト末梢B細胞(CD45+ CD19+リンパ球)はCD20, CD79bおよびCD81抗原を高密度で表面上に発現しています。対照的に、CD5, CD43およびROR-1抗原は低密度で、これらの細胞の限られた部分に限定して発現しています。これらの発現パターンから外れるような、高発現のCD5, CD43およびROR-1と付随して発生しているCD20, CD79bおよびCD81の発現度の減少から、非常に低頻度で生じている異常B細胞を同定することができます。

製品には補正用キットが3セット含まれており、それぞれ8本のシングルカラーチューブを含みます(CD4-FITC; CD4-PE; CD79b-PC5.5; CD19-PC7; CD4-APC; CD43-APC-Alexa Fluor 750; CD4-Pacific Blue; CD8-Krome Orange)。

特長

  • CD20, CD79b, CD81の高発現とCD5, CD43, ROR-1の発現量低下を解析することによる非常にレアな異常B細胞の同定
  • ロットに適合した蛍光補正用キット同梱
  • 488, 638, 405 nmレーザーを搭載した様々なフローサイトメーターで使用可能
  • 室温保存
  • バリデーションされたready-to-use試薬再現性が高く、実験者による結果の変動も小さい

826,600 events のCD45+細胞を解析したデータ例

異常B細胞は赤色ドットで表示(568 events, 0.069% CD45+)、正常B細胞は青色ドットで表示(16,003 events) しています。KaluzaソフトウェアのRadorプロットから、ブールゲート形式によりROR-1, CD5, CD43, CD81, CD79b, CD20の多変数ビューを確認できます。データは全血細胞をNaviosフローサイトメーターにより取得しました。

Kaluzaソフトウェア用解析プロトコルのダウンロードはこちらから
(注:Kaluza 1.5a専用、他バージョンのKaluzaではご利用いただけません。)

注文情報

製品番号 製品名 容量 希望小売価格 (税抜) データシート
B80393 DuraClone RE CLB Tube 25テスト ¥240,000

ご注文は、最寄りの販売代理店様にお願いいたします。

キット内容

構成品 容量 特異性 蛍光色素 クローン(アイソタイプ)
DulaClone RE CLB Tube 25 tubes CD81 FITC JS64 (IgG2aマウス)
ROR-1 PE 2A2 (IgG1κマウス)
CD79b PC5.5 CB3-1 (IgG1マウス)
CD19 PC7 JS-119 (IgG1マウス)
CD5 APC CLB-T1/1 (IgG1マウス)
CD43 APC-Alexa Fluor 750 DFT1 (IgG1マウス)
CD15 Pacific Blue 80H5 (IgMマウス)
CD45 Krome Orange J33 (IgG1κ マウス)
Compensation Kit
(CD4-FITC; CD4-PE; CD79b-PC5.5; CD19-PC7; CD4-APC; CD43-APC-Alexa Fluor 750; CD4-Pacific Blue; CD8-Krome Orange)
3 Kits - - -