展示会・学会

第27回日本サイトメトリー学会学術集会

  • 参加
  • ライフサイエンス分野

2017年6月10日(土)~11日(日)、神戸国際会議場にて開催される「第27回日本サイトメトリー学会学術集会」にて製品展示をいたします。また6月10日には第1会場にてランチョンセミナーを開催いたします。

第27回日本サイトメトリー学会学術集会 詳細情報

  • 外部リンク

第27回日本サイトメトリー学会学術集会 ランチョンセミナー

  • 日時
    2017年
    6月11日 (日) 12:25 ~ 13:15
  • 会場
    神戸国際会議場 5F 502 会議室(第1会場)
  • 演題
    【演題】
    造血幹細胞移植後の免疫学的再構築
  • 演者・座長
    【 演 者 】
    松岡 賢市 先生

    岡山大学病院 血液・腫瘍内科 講師

    【 座長 】
    稲葉 亨 先生

    京都府立医科大学 感染制御・検査医学講師;同 附属病院臨床検査部副部長
  • 要旨
    同種造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation: HSCT)は、血液癌の根治療法として、多くの難治疾患患者の治療に貢献している。支持療法の進歩、ドナーソースの多様化を背景に、これまで移植の適用とならなかった高齢症例や非寛解症例など、移植片対宿主病(GVHD)のリスクの高い移植が増えており、急性期のGVHDを必要十分に管理しつつ、移植片対白血病効果(GVL effect)を最大化する免疫制御が求められる。この観点において、マウス骨髄移植モデルにてGVHDを抑制しながらもGVLを減じない対象選択的な働きが報告されている制御性T細胞(Regulatory T cell; Treg)の移植後再構築は、移植後生存のみならず、免疫合併症のない質の高い治癒を目指す上で、極めて重要なポイントとなる。近年、さまざまな移植法や免疫修飾薬の登場により、Tregを含むリンパ球サブセットの移植後回復過程は複雑になった。本会では、自験例を中心に、移植後の免疫再構築に関する研究の情勢について述べ、治療的介入を目指す取り組みについて紹介したい。

第27回日本サイトメトリー学会学術集会 展示内容