展示会・学会

NGS現場の会 第五回研究会

  • NEW
  • 参加
  • ライフサイエンス分野

2017年5月22日(月)から24日(水)まで、仙台国際センターで開催される「NGS現場の会 第五回研究会」にて、セミナーおよび製品展示を行います。

NGS現場の会 第五回研究会 詳細情報

  • 外部リンク

NGS現場の会 第五回研究会 スポンサードセッション

  • 日時
    2017年
    5月22日 (月) 15:30 ~ 16:15
  • 会場
    仙台国際センター、NGS現場の会 第五回研究会 D会場
  • 演題
    【演題】
    NGSサンプル調製自動化101
  • 構成
    第一部 多検体のDNAサンプル処理に適したライブラリー調製キットは?
    細道 一善 先生 金沢大学 医薬保健研究域医学系 革新ゲノム情報学分野

    第二部 自動化における注意点とベックマン・コールターのソリューション
    ベックマン・コールター株式会社 ライフサイエンス事業部
  • 要旨
    NGSは、シーケンスパワーの向上・ターゲットシーケンス技術の発展により、低コストで多くのサンプルを処理することが可能となりました。その一方で、ライブラリー調製は未だ多くの工程を必要とするとともに、バーコーディング・定量・プーリング・インプット核酸の調製など付加的な工程も合わさって膨大な作業となっています。安定したデータの取得、取り間違いや処理ミスなどのリスク回避、さらには単純な作業に忙殺されずに研究を進めるためにも、各工程の自動化は重要性を増しています。弊社の自動分注機 Biomek シリーズは、それらの工程を自動化するとともに、さまざまなキットに対応可能な柔軟性を持ちます。

    本セッションの第一部では、金沢大学の細道先生をお招きして、自動化する上での「より多検体のサンプル処理に適した調製キットの検討」についてデータを交えてご説明いただきます。また、実際の自動化例についてもお話しいただきます。第二部では、自動化における注意する点と、処理数に合わせた様々な自動化システムについてご紹介いたします。

NGS現場の会 第五回研究会 展示内容